スマートフォン

えごもり助産院


ママと赤ちゃんの
すてきなおっぱいライフを応援します。


ママと赤ちゃんのすてきなおっぱいライフを応援します。

母乳育児コンサルタントの資格を持った助産師が乳房マッサージ母乳育児支援(直接授乳支援、母乳不足感など)を行います。
長い間ママたちのおっぱいを見てきて、退院後のママたちが、おっぱいへの不安をたくさん抱えていることを実感しています。ママのリラックスした母乳育児への援助を、あなたに合った方法を見つけて支援していきたいと思っています。ママになった喜び、幸せを感じながら楽しい母乳育児ができるようにお手伝いします。赤ちゃんを連れて病院に行くのに大変な方は、助産師があなたのお宅にお伺いします。(出張訪問)お車などで移動できる方は、自宅の一部屋を改装し開設したケアー室に是非お越しください。駐車場もあります。



▼以下のような方は是非ご相談ください▼

☆赤ちゃんが上手く母乳を飲めない・吸えない
☆外出が難しいので、自宅まで出張してほしい
☆乳房・乳首が痛い ☆乳房にしこり・つまりがある
☆乳腺炎      ☆母乳の量が少ない

☆卒乳(断乳)もご相談に応じます

えごもり助産院では、あなたに寄り添いお力になれるようなお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。


NEWS & TOPICS

2017年3月22日
3月28日 ケアー室を改装します
2017年1月30日
2月4日午後は香月産婦人科で母乳育児クラスのためお休みです
2017年1月21日
ホームページをリニューアルしました。

国際認定ラクテーション
  コンサルタント(IBCLC)です

IBCLCとは、International Board Certified Lactation Consultantの略で、母乳育児をスムーズに成功させるために必要な技術・知識・心構えを持ったヘルスケア提供者のことです。予防的なヘルスケアに焦点を当て、産前・産後を通してお母さん自身でできるセルフケアーを促し、お母さん自身がご自分で意思決定をするよう励まします。またIBCLCは、様々な場での問題解決のアプローチを使って適切な情報、勧告、紹介を提供します。

この専門資格は、アメリカに本部を置く国際ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会が1985年から毎年1回実施している世界共通試験に合格することによって得られます。

日本では1995年に第一号のIBCLCが誕生し、2016年11月現在で900人以上のIBCLCが存在します。年々増加していますが、全国的にはまだ微小です。科学的に裏付けされたスタンダードな母乳育児相談の専門家としてもっと皆様の身近な存在になりたいと思っています。


IBCLC認定証

▲IBCLC認定証

えごもり助産院は『とこちゃんベルト』をオススメしています

トコちゃんベルト

とこちゃんベルトとは産前産後の腰痛対策に優れもののグッズ。『骨盤はからだの要』です。2002年4月に開催された日本産婦人科学会総会で 妊娠性の腰痛、恥骨やお尻の痛みの原因といわれている骨盤の緩み、骨盤の関節の一つの恥骨結合の緩みの診断法と治療法として、とこちゃんベルトによる骨盤の固定が、テストをした全ての例で効果があったと研究報告されています。
さらしの腹帯を巻く技術をアレンジしたベルトで、骨盤下部(骨盤輪・骨産道)を支持してお腹を下から支えます。さらしの腹帯のようにずれない・緩まない・ガードルのように締め付けません。妊娠早期から子育て期まで長期間・長時間の連続着用が可能です。妊娠による腰痛など骨盤輪(骨産道)の緩みからくるいろいろな症状を緩和します。※分娩直後から使用できます。
着用方法が特殊なためトレーニングをを受けた医療関係者から指導を受けるのがベターです。着用方法を覚えれば誰でも簡単に使えます。

あなたのおうちに出張して着用方法をご説明します。緊急の場合は当院へ御来院も可能です。また、さらしでの骨盤輪支持もご指導できますので晒しをご希望の方は1/4反のさらしをご用意下さい。母子整体研究会の会員である助産師が適切にご自分できちんとできるように説明いたします。


母乳育児成功のための10ヵ条

【01】母乳育児についての基本方針を文書にし、関係するすべての
    保健医療スタッフに周知徹底しましょう。

【02】この方針を実践するために必要な技能を、すべての関係する
    保健医療スタッフに訓練しましょう。

【03】妊娠した女性すべてに母乳育児の利点と
    その方法に関する情報を提供しましょう。

【04】産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、
    母親を援助しましょう。

【05】母親に母乳育児のやり方を教え、
    母と子が離れることが避けらない場合でも
    母乳分泌を維持できるような方法を教えましょう。

【06】医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や
    水分を与えないようにしましょう。

【07】母親と赤ちゃんがいっしょにいられるように、
    終日、母児同室を実施しましょう。

【08】赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけだけの
    授乳を勧めましょう。

【09】母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを
    与えないようにしましょう。

【10】母乳育児を支援するグループづくりを後援し産科施設の
    退院時に母親に紹介しましょう。