晩夏の酔芙蓉

我が家の小さな庭に晩夏を象徴する酔芙蓉が咲き乱れています。朝に白い大輪の花びらが夕方にはピンク色になるのでこの名前で呼ばれているようです。

 

先月はケアーや新生児訪問で結構忙しく、中でもその方のいろいろな背景があるのでしょうが断乳ケアーの依頼が続き大体8月の終わりころには落ち着いたようでした。皆さん断乳後のしこりがあると乳がんに移行するのでは心配されて乳房がソフトになるまできちんとしておきたいという思いのようです。乳がん専門医は乳汁残存少量であれば次第に吸収されていくとセミナーで講義されていました。でも心配ですようね。だから2~3か月後には今後の健康問題も考えて乳癌検診をしておくようにお話しています。

 

つい先日、科学的視点から乳幼児の発達を考えるセミナーがありました。理学療法士の先生ですが乳幼児の認知、運動発達を専門とされている教授でした。

胎児は胎内にいるときから手足を動かし自己認知(自分の身体を知る)行動をしている。生後も手足を動かし体性感覚経験を培い「自分を知る」ために必要であり指しゃぶりや顔や頭に触れる行動がそれにあたるそうです。

指しゃぶりで悩んでいるお母様、指しゃぶりは発達に大切な行動なので成長し始めていると暖かい目で見守ってあげてくださいね。